【もう限界?】英語の勉強に疲れたらやるべきこと

スポンサーリンク
TOEIC勉強法

毎日の英語学習に疲れてきてしまいました…

もうやめようかな…

タイガ
タイガ

ここまで続けてきたのに、もったいないですよ!

英語の勉強に疲れたらやるべきことについて紹介します!

筆者は、大学1年から英語の勉強を本格的に開始し、独学・1年でTOEIC855点を達成しました。

それ以来、海外へひとり旅に出かけたり、空港でアルバイトをしたりと、ずっと英語の勉強を続けています。

そんな筆者も、毎日モチベーション高く英語の勉強ができているわけではありません。時には疲れて、いやになりそうな時もあります。

ですが、そんな時ほど自分なりの対処法を考えておくと、モチベーションを落とすことなく勉強を続けることができます。

今回は「英語の勉強に疲れたらやるべきこと」について紹介します。

この記事でわかること

・英語の勉強に疲れたらやるべきこと

スポンサーリンク

英語の勉強に疲れたらやるべきこと

TOEiCやTOEFLなどの資格の勉強、留学に向けての英会話の勉強…毎日英語の勉強を続けていると

「はぁ、また今日もやらないといけないのか」

「もうやめたいな」

と疲れてしまい、途中で諦めてしまう人が多いです。なぜなら、英語学習に疲れてしまう人の多くは、いつの間にか「英語=辛いもの」と考えて勉強してしまっているから。

もちろん毎日頑張って勉強を続けていれば疲れたり、やる気が起きなかったりするのも無理はありません。

ですので、モチベーションを高く保って英語の勉強を続けるために「英語って楽しいな」「もっと頑張ろう」とやる気に火をつける機会を作ることが大切です。

ここから、筆者の経験を踏まえて「英語学習に疲れたらやるべきこと」を紹介します。

【英語の勉強に疲れたらやるべきこと】環境を変える

タイガ
タイガ

環境を変えるだけで。気分も大きく変わりますよ!

環境を変えることは一番簡単にできるので、英語の勉強に疲れた時にはすごくおすすめです。

環境を変えるだけで気分も切り替わりますし、カフェなどでは周りに勉強している人もたくさんいるため「自分も頑張ろう」と刺激をもらえます。

筆者自身、基本的に家でずっと勉強するタイプでしたが、なかなかモチベーションが上がらない時、カフェに移動して勉強するようにしました。

普段、家や学校で一人で勉強している人には特におすすめです。

【英語の勉強に疲れたらやるべきこと】新しい参考書を買ってみる

タイガ
タイガ

新しい参考書を買うと、ワクワクしませんか?

新しい参考書を買ってみるのもおすすめです。同じ参考書を繰り返し勉強することはすごく大事ですが、なんども繰り返しているとどうしても飽きてきてモチベーションが低下します。

新しいピカピカの参考書をみると、「よし、やるぞ!」とワクワクしますよね。見たことのない問題に触れるのもすごく良い刺激になります。

もちろん、新しい参考書を買いすぎて、やらずに終わってしまうことはNGですが、

「英語の勉強に疲れてきたな」

「最近モチベーションが上がらないな」

と言う時には、新しい参考書を買ってみると良いでしょう。

【英語の勉強に疲れたらやるべきこと】英語での娯楽を増やしてみる

「英語=辛いもの」として勉強を続けてしまうと、疲れますし、どうしても長続きしません。

好きな漫画やアニメを英語版で見てみる

好きな洋楽の歌詞を意味を理解しながら聞いてみる

英語の文章でSNS発信をしてみる。

このような、自分が楽しんでやっている日々の娯楽に英語の要素を取り込むことで、「英語って楽しいんだ」と実感することができるでしょう。

映画で英語の勉強をする際の注意点!【初心者が見るべき5つを厳選】

【英語の勉強に疲れたらやるべきこと】英語で話す機会を作ってみる

参考書と向かい合って勉強し続けていても、英語を勉強する目的を見失って疲れてしまいます。

もちろん、TOEICやTOFLEなどの資格を取得するために英語の勉強をすることも大切ですが、「たくさんの人と繋がれる」「いろんな国の人の考え方や文化に触れることができる」ということが英語を学ぶ最大の魅力だと思います。

大学生であれば、学内の留学生とコミュニケーションをとってみましょう。

社会人で、なかなか海外の人と話す機会がないという人は、思い切って英会話教室に通うのもおすすめです。

「自分の英語が通じた!」

「英語で話すのって楽しい!」

そう感じることができれば自然とモチベーションも上がるでしょう。

【英語の勉強に疲れたらやるべきこと】海外旅行に出かけてみる

tourist walking towards historical architectural monument
Photo by Spencer Davis on Pexels.com

英語を話す国に海外旅行に出かけてみる。これはすごくおすすめです。

なぜなら海外に行ってしまえば「英語を使わざるを得ない状況」になるからです。わからなくても必死に伝えようとすることで、

「〜って単語を知っていれば伝わるのに」

「これってどう言えばいいの?」

英語に対して主体的に向き合うようになります。

また、先ほどもかいたように、日本を飛び出して海外の人とコミュニケーションをとったり、異国の文化に触れることで「英語って楽しい!」と心から感じることができます。

実際に筆者も、初めての海外一人旅に出かけたことをきっかけに、さらに英語学習へのモチベーションが上がり、TOEIC855/990に大きな弾みをつけるきっかけになりました。

【英語の勉強に疲れたらやるべきこと】少し英語から離れてみる

タイガ
タイガ

一度英語から離れてみると、気分も切り替わります!

どうしても英語の勉強に疲れたと感じたら、一度英語から離れてみるのもおすすめです。

やりたくないな…でもやらないとな…」という気持ちで勉強を続けても、全く力がつきませんし、余計にモチベーションが下がる一方です。

少しの間英語から離れる期間を作ってみるのもおすすめです。英語から離れてリフレッシュする期間を作ることで「もう一度頑張ろう!」と気持ちをリセットできますし、自分に合った勉強方法が発見できるかもしれません。

【英語の勉強に疲れたらやるべきこと】まとめ

いかがでしたか?今回は「英語の勉強に疲れたあなたがやるべきこと」について、筆者の経験も踏まえながら紹介しました。

英語学習とは、自分の世界や可能性をどんどん広げてくれる素晴らしいものです。ぜひ、英語を学ぶことの楽しさを実感しながら勉強を続けて欲しいなと思います。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました