【改革】夜型人間より朝型人間が圧倒的に成長できる理由!【早起きのコツ】

スポンサーリンク
ライフデザイン

どうしても夜更かししちゃって、朝起きるのが遅くなるんですよね…

タイガ
タイガ

「夜型」より「朝型」の方が圧倒的に成長できますよ!

毎日のブログ更新、情報発信、マーケターとしての仕事を毎日こなす筆者は、朝も早起きを徹底して継続しています。

朝早くから活動を開始して夜は早く寝る「朝型」の人と、夜遅くまで活動し、起きるのも遅めな「夜型」の人。

実は、朝型の人間の方がメリットが多く、圧倒的に成長できることがわかっています。

この記事では夜型人間より朝型人間が圧倒的に成長できる理由と早起きのコツについてご紹介します。

この記事でわかること

・夜型人間より朝型人間が圧倒的に成長できる理由

・早起きのコツ

スポンサーリンク

夜型人間より朝型人間が圧倒的に成長できる理由

あなたは、仕事や勉強、趣味に打ち込む際は朝早くに行動を開始する「朝型」でしょうか?それとも夜遅くまで打ち込み、朝は遅めに起きる「夜型」でしょうか?

「どっちでも同じじゃないの?」と思うかもしれませんが、実は同じ時間作業したとしても、夜型よりも朝型の人の方が、効率や知識の定着ははるかに良く、圧倒的に成長できるということがわかっています。その理由は

①強制的に締め切りが作れる

②メールやLINEが入らない

③話しかけてくる人がいない

④朝は記憶力が上がる

と大きく4つあります。

①強制的に締め切りができる

タイガ
タイガ

朝は、強制的に締め切りができるので、それまでに終えようと頑張れます!

朝、早起きして勉強することで、強制的に締め切りが作れます。

「授業が始まる」

「家族が起きてくる」

「会社に出勤しなければいけない」

などが代表的な例です。自分の中で「〜時までやる!」「〜時間やる!」と決めるのも悪くはないですが、どうしても強制力が弱いのが欠点。

制限時間までに終わらなかったり、ダラダラと引き伸ばしてしまいます。朝の時間は夜とは違い、強制的に締め切りができるので、自然と「やらないと!」とやる気も出て集中することができます。

②メールやLINEが入らない

タイガ
タイガ

朝は、無駄な通知やメールが気になる心配もありません

朝はメールやLINEが入る心配がありません。なぜなら、他の人はまだ起きていないからです。

メールやLINEの通知音が気になって、なかなか集中できないという経験も多いのではないですか?実は、一度きれた集中力をもう一度高めるためにはかなりの時間を必要とすると言われています。

早朝の時間はそのような心配がなくなるので、高まった集中力を落とすことなく勉強に取り組むことができます。

③話しかけてくる人がいない

タイガ
タイガ

話しかけてくる人もいないので、集中力が途切れません!

朝に勉強することで、誰かに話しかけられて勉強を中断させられる心配もありません。これは②の「メールやLINEが入らない」にも似ています。

家で勉強していると、家族にちょっとしたことで話しかけられたり、外の話し声、車や工事の音が気になったりして、どうしても集中が途切れてしまうことが多くなります。

朝は家族も寝ていますし、外で大きな声で喋る人もいなければ工事も始まっていません。

誰にも邪魔されない集中できる環境に身を置くことができるので、より充実した時間を過ごすことができます。

④朝は記憶力が上がる

タイガ
タイガ

朝は脳のゴールデンタイムです!

朝は、「脳のゴールデンタイム」と呼ばれているほど勉強に向いています。なぜなら、朝一番は、疲労やストレスがリセットされた状態で脳がスッキリしているからです。

夜に勉強してしまうと、その日の疲れが溜まってしまっているので、朝に比べると知識の定着率も低くなってしまいます。

脳が最高のパフォーマンスを発揮できる朝に勉強することで、新しい情報や知識の定着率も大幅に上がります。

朝型人間になるための早起きのコツ

朝型の人は夜型の人よりも成長できるということを説明しました。とはいえ

「朝型の方がいいのはわかるけど、朝早くに起きるのが苦手なんです」

「早起きする秘訣を教えて欲しい」

という人も多いはず。ここからは、早起きが苦手な人でも早起き習慣を身につける4つのコツをご紹介します。

①アラームをセットしたスマホを遠い場所に置く

タイガ
タイガ

アラームを止めるために、絶対に立ち上がるようにしましょう!

早起きをするコツの一つ目が「アラームをセットしたスマホを離れた場所におく」です。

アラームをセットしたスマホを枕元に置いて眠る人は多いですよね。実際に以前の私もそうでした。ですが、枕元に置いておくと、せっかく朝早くに目が覚めても、

アラームがなる

横になったままアラームを止める

そのまま二度寝

またアラームがなる横になったままアラームを止める

また眠る

というループに陥ってしまいます。これを避けるために、枕元から離れた場所にスマホを置いておくのです。

こうすることで、アラームを止めるために絶対に立ち上がらなければいけなくなるので、二度寝してしまうことがなくなります。

②窓を開けたまま寝る

タイガ
タイガ

陽の光は、体を目覚めさせます!

早起きのコツ2つ目は「窓を開けたまま寝る」ということ。つまり、朝の光を浴びて起きるということです。

朝の光を浴びることで、体が活動モードに切り替わります。朝の光で目覚めたら、同時に窓を開け、朝の新鮮な空気を吸うことで、体が自然と目覚め、早起きも辛くなくなります。

③寝具を整える

タイガ
タイガ

寝具は、睡眠の質に大きく影響します!

一生の中で、人間が睡眠に費やす時間は約4分の1〜3分の1と言われています。それだけの時間を眠りに使うわけですから、ぜひベッドや枕などの寝具にも目を向けましょう。

汗をかいても不快にならないように吸水性や放熱性に優れた布団を選んだり、枕の高さを変えてみたり。自分にあった睡眠の環境を整えるだけで驚くほど睡眠の質も上がり、早起き習慣の定着にもつながります。

④眠りの前のルーティンを決める

タイガ
タイガ

眠る前のルーティンを決めておくことでスムーズに眠りにつくことができます!

早起きをするためには、いかに良い眠りにつくかということも大切です。

眠りにつく前のルーティンを決めておくことで、その行動を行うことが眠りにつく合図になり、脳が「もう寝るんだな」と判断してくれるのでスムーズに眠りにつくことができます。

まとめ:朝型人間になってさらなる成長へ

いかがでしたか?朝方は夜型よりも圧倒的に成長できる理由と早起き習慣を身につけるコツを4つご紹介しました。

今まで夜型だった人もぜひ朝型の生活に切り替えて、さらに成長を加速させていきましょう!

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました