【不幸】断る勇気を持てないあなたはどんどん不幸になる【断る技術】

スポンサーリンク
ライフデザイン

上司にたくさん頼まれごとをして、自分のことに手が回りません!

断るのも申し訳ないし、どうしたらいいんでしょう…

タイガ
タイガ

上手く断ることができないと、あなたの人生はどんどん悪い方向に進んでいってしまいます!

断る技術を身につけてキッパリ断れるようになりましょう。

日本人というのは、断るのが苦手な人が多いです。

「相手の気分を悪くさせたくないので断れません」「断って関係が悪くなるくらいなら引き受けちゃいます」

そんな人も多いのではないでしょうか?

ですが、このような人たちはやりたくないことに時間を奪われ、休息や睡眠、自分の時間がどんどん削られていくので確実に不幸な人生を歩んでしまいます。

ですので、あなたがもっと自分のやりたいことに時間を使い、充実した人生を歩むためには上手く断る技術をつける必要があります。

この記事では、上手く断ることのメリットや、上手く断るために意識すべきことを詳しく紹介します。

この記事でわかること

・断ることができない人の特徴

・断らないことのデメリット

・上手く断ることによるメリット

・上手く断るために意識すべきポイント

・上手く断る順番

スポンサーリンク

断ることができない人の特徴

タイガ
タイガ

なんでも引き受けてしまう人は、好意や優しさではなく、「罪悪感」であることが多いです!

頼まれたらなんでも引き受けてしまうという人の多くは、好意や優しさではなく

「相手の気分を悪くさせるのではないか」

「断ると、これからの仕事や人間関係に響くのではないか」

という罪悪感であることが多いです。

もちろん、相手のお願いを引き受けることは悪いことではありません。しかし、自分のやりたくないことまで引き受けることによって、あなたが本当にやるべきこと、やりたいことに振る時間も、エネルギーも、どんどんなくなってしまいます。

つまり「断らない人」は確実に不幸な人生を歩んでしまうことになります。

断るほどに仕事も収入が増える

タイガ
タイガ

断る人ほど仕事がデキる人ですよ!

上手に断ることが、周りからの評価や、収入アップに大きくつながります。

「断ってしまうと自分の評価や給料に響くのではないか」こんな不安から断ることができない人も多いのではないでしょうか?

ですが、あなたの周りで、仕事ができる人を思い出してみてください。その人は「頼まれたことをなんでも引き受ける便利屋」のような働き方をしていますか?

違いますよね。実は、仕事ができる人ほどうまく断り、自分がやるべきことだけをテキパキとこなしています。

断らないことで起こるデメリット

タイガ
タイガ

上手く断れないと、こんなに多くのデメリットがあります!

大切な時間が奪われる

タイガ
タイガ

なんでも引き受けてしまうと、大切な時間がどんどん奪われていきます!

頼まれごとというのは、時間がかかることがほとんどです。

何でも引き受けることであなたのやりたいことに使う大切な時間がどんどん奪われます。

休憩時間が減るため健康に悪影響

残業や休日出勤など、何でも引き受けてしまうことで、あなたが休憩する時間がどんどん削られていきます。当然健康にもよくないですよね。

やりたくないことを引き受けて体調を崩してしまい、本来やるべきことができなくなってしまってはもとも子もありません。

頼めばなんでもやってくれるというイメージがつく

あなたが、お願いを何でも引き受けることによって、周りからは頼めば何でも引き受けてくれる「便利屋」のようなイメージを持たれてしまいます。

昇給・昇進につながらない

タイガ
タイガ

頼まれごとというのは、大抵ムダなことが多いです…

実は、頼まれごとを何でも引き受けても昇進や昇給にはつながりません。なぜなら、頼まれごとというのは、頼む人にとって「無駄なこと」「必要のないこと」であることがほとんどだから。

もしあなたなら、昇進・昇給につながるような大事ことを他の誰かに頼みますか?

頼みませんよね。「我慢してやっていればいつか昇進のチャンスがある」というのは残念ながら単なる思い込みかもしれません。

うまく断ることによるメリット

タイガ
タイガ

キッパリと断ることができれば、あなたの人生は確実に良い方向に進んでいくでしょう!

昇進・昇給につながる

タイガ
タイガ

断る人の方が、どんどんキャリアアップしていきます!

できません」としっかりと断ることはあなたの昇進・昇給につながります。あなたが本当にやらなければいけないことへ時間とエネルギーを集中して注げるようになるので、作業効率が大きく伸びるから。

やるべきことだけをしっかりとこなした結果、あなたの評価も上がります。断ることは悪いことのように思われがちですが、実は断らない方があなたのキャリアアップに悪影響を及ぼすんです。

自己投資の時間が増える

やりたくないことはしっかりと断ることで、自分の時間が増えます。勇気を出して断ってできたこの時間をダラダラと無駄に過ごすのは非常にもったいない。

ぜひ自己投資の時間に当てましょう。読書をして視野を広げるもよし、勉強して知識をつけるもよし。

筋トレをして体力をつけるのも立派な自己投資です。こうやって自己投資に時間やお金をかけることで、結果的にあなたの仕事の質はさらに高まるので、さらにキャリアアップにつながります。

0円で始めることのできる自己投資については、こちらの記事で紹介しています↓

意志が強いという印象がつく

あなたが、「できません」ときっぱり断る勇気を持つことで、

「意志の強い人なんだな」

という印象を持ってもらうことができますし、今後同じような頼みごとはされなくなります。

ストレスがなくなる

タイガ
タイガ

やりたくないことはやらなくてよくなるので、ストレスなく毎日が過ごせます!


きっぱりと断ると決めておくことで「申し訳ないな…」と罪悪感を感じることがなくなるのでストレスがなくなります。

また、やりたくないことは我慢してやる必要がなくなるので、気分もスッキリして毎日の充実度も上がるはずです。

うまく断るための意識すべきポイント

ここまで、断れない人のデメリットと、うまく断ることで得られるメリットについて紹介しました。とは言え、

「きっぱり断るなんて私には無理!」

「断っていいのかはっきりわからない」

そう思う人も多いはず。ここからは、やりたくないことにははっきりと「NO」というために意識すべきポイントや、上手な断り方をご紹介します。

①優先順位をしっかりと決めておく

タイガ
タイガ

優先順位を決めておくことで、断るべきこととそうでないことの基準が明確になります!


相手との関係を良好に保ちながら上手に断るために、人生の「優先順位」を決めておくことが非常に大切です。

家族が大切な人は「休日は絶対に家族と過ごす」というルールを決めておきましょう。そうすれば、「休日出勤してくれないかな」という急なお願いがあっても、そのルールに従ってきっぱりと断ることができます。

また、自分のルールを周りの人と共有しておくと、今後そのルールに反するようなお願い事をされることもなくなります。

②迷わずに断る

タイガ
タイガ

迷えば迷うほど断りづらくなります…


断るときは迷わずきっぱりと断りましょう。「ちょっと待ってくださいね…」と迷ってしまうと、断る理由がないということを非言語的に相手に伝えているのと同じです。

迷わずに「すみません」と断ることで、意志の硬さを相手にしっかりと伝えることができます。

③ケースバイケースで断らない

タイガ
タイガ

場合によって引き受けたり断ったりするとトラブルのもとになります!

「今回だけ」というように、ケースバイケースでお願いを聞いたり断ったりすることは絶対にやめましょう。

「なんであの人のお願いは聞いて、自分のお願いは聞いてくれないんだ」

と、トラブルの種になります。「優先順位」に照らし合わせて常に同じ基準で断るようにしましょう。

上手な断り方には型がある

最後に、上手に断る方法を紹介します。実は、上手な断り方には正しい順番があります。これに当てはめるだけで、相手との関係を悪くすることなく、気持ちよく断ることができます。その順番というのが

謝罪(感謝)→理由→断り→代替案


です。実際に例文を使って見てみましょう。

申し訳ありません(謝罪)

その日はどうしても家族旅行の予定が入っているため(理由)、

引き受けることができません。(断り)

来週の月曜日でしたら可能ですがいかがでしょうか?(代替案)

どうでしょうか?これなら、断られただけでなく、きちんと代替案まで提示してくれているので、イヤな気分にはなりません。

このような断りの型に沿って丁寧に断ることで、良好な人間関係を保ちながら、誠意のある断り方ができます。

まとめ

いかがでしたか?ここまで、断れない人のデメリットやキッパリと断ることのメリットを紹介してきました。

断る技術を身につけることで、あなたの人生はもっと良い方向に進みます。

はじめのうちは上手くいかないかもしれません。ですが、少しずつ実践し、やりたくないことにはキッパリと「NO」と言えるようになりましょう!

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました