【失って気づく】日本の良さを知るには日本を飛び出すことが必要です

スポンサーリンク

日本のいいところってどんなところですか…?

タイガ
タイガ

毎日の当たり前のことが、実は日本の素晴らしいところなんですよ!

筆者は、アジア・ヨーロッパを中心に様々な国に一人旅に出かけていますが、国ごとの人や文化の違いに毎回驚かされます。

その中でも、日本との違いには特に驚くことが多いです。海外に行くと、日本の当たり前がいかにありがたいことなのかを実感することができます。

おそらく、ずっと日本に住んでいると日本の良さになかなか気づくことができていない人も多いはず。

この記事では、「日本の良さを知るには日本を飛び出すことが重要」というテーマでお話します。

この記事でわかること

・日本のよさは日本にいるだけじゃわからない理由

・海外一人旅で気づいた日本の良さ

スポンサーリンク

日本の良さは日本にいるだけじゃわからない

red and gray pagoda temple
Photo by Tomáš Malík on Pexels.com

「日本の良いところを教えてください」

あなたは突然こう問いかけられてすぐに答えることができますか?

おそらく、ずっと日本で生活している人にとっては、日本にしかない良さというのは思い浮かびにくいのではないかと思います。

ですが、毎日の通勤・通学、毎回の食事、一つ一つの当たり前の行動が実は日本にしかない良さなんです。

私はこのことを海外に一人旅に出かけてとても痛感しました。日本のよさは日本にいるだけではなかなか気づくことはできません。

僕が海外一人旅を通して感じた、当たり前のようで当たり前ではなかった日本の素晴らしい部分をご紹介します。

海外一人旅を通して気づいた日本の良さ

tourist walking towards historical architectural monument
Photo by Spencer Davis on Pexels.com

電車やバスが時間通りに出発する

タイガ
タイガ

海外では、1時間程度の遅れは当たり前でした!

日本では、電車やバスはきっちりと決められた時間に到着し出発します。万が一遅れなどがあればすぐに知らせてもらえたり、それに合わせた対応もしてもらえますよね。

実はこれは海外では本当に珍しいことです。僕が初めて一人旅に出かけたタイのバンコクでは電車の時刻表はあってないようなものでした。

30分〜1時間程度の遅れは当たり前のように起こりますし、それについてアナウンスなどもありません。

そのせいで、終電の乗り換えに間に合わず、暗い夜道を歩いてホテルまで帰ったという経験もしました。

道が綺麗に整備されていること

タイガ
タイガ

道が綺麗に整備されているだけで十分ありがたいことなんです!

海外では、日本のように道路が綺麗に整備されているということは少ないです。

道のあらゆるところに穴が空いていて車が走るのも危険だったり、ゴミが散乱していてその匂いが充満していたり。最初はその光景に驚きましたが、徐々にこれが当たり前で日本がむしろ綺麗すぎるくらいなのかと気づきました。

安心して外を歩けること

タイガ
タイガ

海外では、外を歩くだけでも常に危険がつきものです!

外を歩けることが日本の良いところってどういうこと?

と疑問に感じるかもしれませんが、海外では外を歩くだけでもさあざまな危険がつきものなんです。

タイでは常に「狂犬病」のリスクを考えて犬を見かけた時にはすぐに離れましたし、フランスのパリではどこでスリに合うかわからないという危険から片時も貴重品から目を話すことはできませんでした。

日本では、カバンを置いて席を立つなどの光景はよく見られますが、なんの心配もなくこれができてしまうのはおそらく日本だけ。

海外では外を歩くだけで、たくさんのリスクと隣り合わせになるということを思い知らされました。

和食がやはり美味しい

タイガ
タイガ

やっぱり和食が美味しいなと改めて感じました!

海外で、様々な料理を食べてみて「和食ってやっぱり美味しいな」と心から感じました。

見た目の彩り

濃すぎない優しい味わい

栄養面での良さ

海外にも、豪華で美味しい食べ物はたくさんありましたが、やはり毎日食べるのは和食がいいなと改めて感じました。

日本人の米離れ、和食離れが年々増えているそうですが、本当に残念だと思います。和食がない環境に身を置いて初めて和食の魅力に気づくことができました。

自分の国の良さに気づくには外に飛び出すことが重要です

astronomy atmosphere earth exploration
Photo by Pixabay on Pexels.com

ここまで、海外に行ってみて改めて気づいた日本の良さを紹介しました。これは何も日本人だけに当てはまることではありません。

アメリカのLAは海に近く、走るのに最適な環境ですが、地元民ほど海に行くことも滅多になければ外を走ることもほとんどないのだそう。

誰もが海外旅行の目的地としてあこ上がれるハワイの住民でさえ「ハワイは退屈でつまらない」と感じている人が多いそうです。

つまり、人はどれだけ良い環境に身を置いていても、それが当たり前になってしまうとそのよさにはなかなか気づくことができないんですね。

そして、それに気づくのに最も有効な手段が、自分の国を飛び出すことです。

ぜひ一度、海外に足を運び日本という国がどれだけ恵まれているのかを実感してほしいと思います。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました