【アプリはNG】Todoリストを作る意味と注意点!

スポンサーリンク
時間術

なかなか1日のスケジュールが思うように行かないんですよね…

Todoリストを作ってもすぐ予定が崩れちゃって…

タイガ
タイガ

Todoリストを作ることはすごくいいことです!

ですが、いくつかの注意点を理解しておかないと逆効果になってしまうかもしれません…

ブログの執筆、SNSの発信活動、英語学習…毎日たくさんやることがある私にとってTodoリストの存在は欠かせないものになっています。

あなたはうまく自分のスケジュールを管理できているでしょうか?

「Todoリストを作っても、なかなかうまくいかない」という方も多いですよね。実はTodoリストには正しい作り方があります。

それを間違えてしまうと、1日を効率的に過ごすどころか逆効果になってしまうことも。

この記事では、Todoリストのメリットと正しい作り方を紹介します。

この記事でわかること

・Todoリストを作るメリット

・Todoリストを作る際の注意点

スポンサーリンク

todoリストを作るメリット

タイガ
タイガ

Todoリストを作ることのメリットは

  • 理想的な1日が過ごせるようになる
  • 集中力が途切れない
  • うっかり忘れることがなくなる
  • 作業の効率化

の4つです!

①理想的な1日が過ごせるようになる

タイガ
タイガ

to doリストを作れば1日が理想的な流れで進みます!

Todoリストを作ることによって、理想的な1日を過ごすことができます。todoリストとはいわば「理想の1日の設計図」のようなものだからです。

設計図なしに家を建てようとする人はいませんよね?仕事、用事、タスクなどやるべきことを細かく割り振り、1日の流れを作り上げることによって、あとはそれに沿って行動していけば重要な要件を忘れたり、時間が間に合わなくなることもありません。

Todoリストを作ることによって時間を思い通りにコントロールできるようになり、理想的な1日を送れるようになります。

②集中力が途切れない

タイガ
タイガ

集中力が途切れることがなくなります!

todoリストを作っておくことで、集中力が途切れることが無くなります。

なぜなら、次に行うべきことが一瞬でわかるからです。todoリストを作らない人は、一つの仕事が終わると「次は何の仕事をしよう…?」と考えます。

この瞬間、せっかく高まっていた集中力もゼロにリセットされてしまいます。

高い集中状態に入るには時間がかかるので、一つの仕事が終わるたびに時間をロスしていることになります。

todoリストを目の前においておけば、次にやるべきことがすぐにわかるので、集中力が途切れることなく次のタスクに移行できます。

③作業効率化

todoリストを作ることによって、作業効率が上がります。

人間の脳が処理できる情報は多くて3つとされていて、それ以上の情報が入ってくると、昨日停止状態に陥ると言われています。つまり

「ご飯作って…」

「〇〇さんに電話して…」

「会議の資料を仕上げて…」

「帰りに〜を買いに行って…」

と頭の中であれもこれもと考えてしまうと、作業効率が著しく低下してしまいます。

todoリストに予定やタスクを書き出しておくことで、頭の中で考えておく必要がなくなるため、目の前の仕事ひとつに集中することができるようになり、作業効率が上がるというわけです。

④うっかり忘れることがなくなる

タイガ
タイガ

うっかりミス、多くないですか?

todoリストを作成しておけば、やらなければいけないはずだったことを忘れることがなくなります。仕事が立て込んでいると、予定や締め切りをうっかり忘れてしまっていた!ということも起こりがち。

todoリストにはその日の重要な仕事からちょっとした予定まで、やるべきことが全て書き込まれているので、todoリストに沿ってタスクを進めていけば、そのようなうっかりミスが限りなく0に近づきます。

「記憶」に頼ってしまうとミスの原因になります。「記憶」よりも「todoリスト」に従いながら仕事を進めることで、ミスを減らすことにつながるのです。

todoリスト作成の注意点

タイガ
タイガ

Todoリストを作る上で注意したいことは

  • 紙に書き出す
  • 常に見える場所に置いておく
  • タスクが終わったら消す

の3つです!

①スマホアプリはNG!紙に書き出す

タイガ
タイガ

Todoリストを見るつもりが、つい他のものまでみていませんか?

todoリストを作る上でよくやりがちなのがスマホアプリでサクッと作ってしまうこと。

実はこれ、絶対にやってはいけません。

スマホは誘惑の塊です。todoリストを見るはずが、ニュースアプリ、ゲーム、YouTubeなど気づけばtodoリストのアプリ以外のことに脱線する危険性が非常に高いです。

ですので、todoリストはスマホアプリは使わず、紙に書き出すようにしてください。

②常に見える場所に置いておく

タイガ
タイガ

常に見える場所に置いておきましょう!

紙に書き出したtodoリストは、常に目に見える場所に置いておくことが重要です。

カバンや引き出しに入れておくと、タスクが終わるたびに、todoリストを確認するためにいちいち探さなければいけません。

todoリストは「集中力を途切れさせない」ということが大きなメリットですが、この「探す」という作業によって集中力が途切れてしまいます。

todoリストはすぐに確認できる場所においておかないと、意味がありません。

③タスクが終了したら絶対に消す

タイガ
タイガ

タスクが終わったら豪快に消しましょう!

タスクが終了したら、その度に斜線を引いて消してください。

これによって「終わった!」という達成感を味わうことができ、次のタスクへのモチベーションにつながります。

これは精神論ではなく脳科学的にも証明されていて、「タスクが終了した!」と思うことで、脳内では幸せ物質である「ドーパミン」が分泌されるので意欲が高まります。

ですので1つ1つのタスクが終了するたびに豪快に消して、達成感を味わってください。

まとめ:正しくTo doリストを作って生活の質をより高めよう

いかがでしたか?to do リストのメリットや作る際の注意点を紹介しました。

to doリストは非常に効果的ですが、作り方を間違えるとかえって集中力を落としてしまう原因にもなります。

正しくto doリストを作って、生活の質をさらに高めましょう!

こちらの記事も合わせて読みたい

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました