【あなたはこっち!】英検とTOEICの違いと受けるべきテストを徹底解説します

スポンサーリンク
TOEIC勉強法

この記事での「TOEIC」とは、最も受験者が多い「TOEICL&Rテスト」であることを想定しています。

スピーキングやライティングの力を測る「TOEICS&Wテスト」もありますので注意してください

TOEICと英検ってどっちを受ければいいんですか?

色々調べてみたけどどっちが自分に合ってるのかわからなくて…

タイガ
タイガ

この記事では、TOEICと英検の違いを詳しく解説します!
自分にはどっちが合ってるのかすぐにわかりますよ!

スポンサーリンク

TOEICと英検の違いを解説します【あなたはこっち!】

TOEICも英検も、どちらもメジャーな資格ではありますが、自分はどちらを受けた方がいいのか迷いますよね。

自分の目的に合わせて、英検とTOEICのどちらを受けるか選択することは非常に重要です。なぜなら、英検を活かせる場面とTOEICスコアを活かせる場面は必ずしも同じではないから。

この記事では、英検とTOEICの違いや、それぞれの資格を活かせる場面、そしてどちらを受けるべきかを詳しく解説します。

せっかく英検を持っていたのに…せっかくTOEICハイスコアを持っていたのに…

なんてならないように、自分はどちらを受けるべきかをしっかりと把握しておきましょう。

結論:就職ならTOEIC、進学なら英検

タイガ
タイガ

就職や転職で活かしたいのであれば「TOEIC」
進学や教育系分野で活かしたいのであれば「英検」

を受けることをオススメします!

日本企業の多くがTOEICスコアを重視している現状

就職活動に活かすのであれば、TOEICを受けることをおすすめします。

なぜなら、現代ではほぼ全ての企業で、TOEICスコアを用いた英語力の評価が行われているからです。

大手企業になれば、TOEICスコアで足切りを行なっている企業も存在するほどです。一方で、英検の有無を重視していたり、保有している級によって足切りを行なっている企業などはほとんどありません。

ですので、就職活動や転職の際に、履歴書に書いてアピールしたいのであればTOEICの方が適していると言えます。

学業での権威性が大きい英検

企業で主に重視されるTOEICに対して、英検は主に教育機関で重視されています。

そのため、高校・大学の入学試験やAO入試、また、単位や資格取得の際に特別な加点を受けることができる場合があります。

ですので、進学や、教育機関での就職を考えている場合は英検を持っておいたほうが有利でしょう。

TOEICと英検の違いを徹底比較

タイガ
タイガ

ここからは、TOEICと英検の違いについて詳しく解説します!

合否の有無

タイガ
タイガ

英検とは異なり、TOEICには合否がありません!

英検には級ごとに試験問題が異なり、それぞれ獲得点数によって合否が分かれます。ですので、合格して初めて、自分の資格としてアピールすることができます

一方でTOEICには合否が存在しません。受験者全員が同じ時間で同じ問題を解き、どれだけ正解できたかが「スコア」という形で表されます。たとえ目標に届かなかったとしても、低いスコアだったとしても、自分の資格として使うことができます。

ですので、英検に比べTOEICの方が受験に対するハードルは低いと言えるでしょう

ライティング試験・スピーキング試験の有無

タイガ
タイガ

英検では「読む」「書く」「聞く」「話す」の全ての知識が求められます!

リスニング、リーディング能力だけが問われる一般的なTOEICに対して、英検には作文や面接があるのが特徴の一つです。

面接に関して、英検2級までは軽い質疑応答や受け答えで乗り切れる部分もありますが、準1級、1級になれば、より高度な英会話力・思考力などが必要になります。

難易度もやや高くなりますが、その分、より実用的な力を身につけることができると言えます

この記事での「TOEIC」とは、最も受験者が多い「TOEICL&Rテスト」であることを想定しています。

スピーキングやライティングの力を測る「TOEICS&Wテスト」もありますので注意してください

頻度の違い

英検→春、夏、冬の年3回

TOEIC→年10回

英検は年3回 春、夏、冬に行われます。3回と少ないので、しっかりと対策する時間がありますが、落ちてしまった時に何も残らないというダメージも大きいです。

一方でTOEICは年に10回実施されます。実施回数が多いので、試行錯誤しながら何回も受けられるのがメリットと言えます

試験時間の違い

英検

準2級:・リスニング約25分+リーディング約65分→計1時間半
    ・二次面接試験

2級:・リスニング約25分+リーディング・ライティング約85分→計1時間50分
   ・一時筆記試験合格後二次面接試験

準1級:・リスニング約25分+リーディング・ライティング約90分→計1時間55分
    ・二次面接試験

1級:・リスニング約30分+リーディング・ライティング約100分→計2時間10分
   ・二次面接試験

TOEIC

・リスニング45分+リーディング75分→計2時間

出題分野の違い

英検は、「科学」、「社会情勢」、「学校生活」とあらゆる話題に触れるため幅広い語彙が必要です。「読む」「書く」「聞く」「話す」の四技能全てを問われます。

対してTOEICはビジネスの場面やオフィスシーンでの会話、店でのやりとりなど範囲が限定されています。これが企業がTOEICを重視している理由でもあります。

何点(何級)を目指して勉強すればいいの?

タイガ
タイガ

初めて挑戦する人は、

TOEICであれば最低600点、英検であれば準2級

を目指しましょう!

どちらも初挑戦で、どの程度のレベルを目指したらいいかわからないですよね。

TOEICであれば最低600点、英検であれば準2級を目指しましょう。

なぜなら、これらのスコア(級)が履歴書に書いてアピールできる最低ラインとされているからです。

逆に、これらよりも低いスコア(級)を書いてもダメという決まりはありませんが「こんなものなの?」という印象を持たれてしまう恐れもあります。

ですので、履歴書でしっかりとアピールしたい!というのであれば、TOEICでは600点、英検では準2級を目指しましょう。

TOEIC初心者の人が目指すべき点数とおすすめの参考書について、詳しく解説した記事があるので、こちらもご覧ください。

決められない人は、得意分野で選ぶのもあり

TOEICにはスピーキングやライティングがないので、文章を考えたり、表現力に自身がなくても語彙力や、リスニング力を中心に鍛えることでハイスコアを取ることはできます。

逆に文章を書いたり、言葉で自分を表現することは比較的得意だけど語彙力やリスニングに自信がない、という人は、作文などのライティングや面接でのスピーキングで高得点を狙える英検の方が向いているでしょう。

どちらを受けようか悩んでしまう人は、自分の得意分野で決めるのも1つの方法です。

もっと詳しい相談がしたい!そんなあなたは…

タイガ
タイガ

僕のTwitterでは、TOEIC学習に役立つ様々な情報を発信中!
読者様からのお悩み相談も受け付けてます!

タイガ
タイガ

しかも!DMで「ブログ見たよ」と言っていただくだけで
約5000円相当のTOEIC学習メソッドを無料でプレゼントしてます!

ぜひお気軽にフォロー、DMお待ちしております!

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました