【TOEIC攻略のコツ】もっと早く気づくべきだった2つのこと

スポンサーリンク
TOEIC勉強法

TOEICで高得点取るためのコツってありますか?

タイガ
タイガ

筆者自身がもっと速く気づいておきたかったと感じるコツを紹介します!

筆者は、1年の独学でTOEIC855点を獲得し、現在はTOEIC・英会話学習者向けにパーソナルコーチング事業を行なっています。

空港でアルバイトをしたり、海外を一人で旅するほどの英語力がつき、TOEICを勉強して本当に良かったなと感じています。

毎日勉強しているけどなかなかスコアが伸びない。TOEICをうまく乗り切るコツがあれば知りたい。

誰もがそんな悩みを持っているはずです。筆者自身も独学で855点を達成して初めて、もっと速く気づいておきたかった気づいたTOEIC攻略のコツがいくつもあります。

この記事では、本番で実力を発揮できない勉強法と、TOEIC攻略のコツを紹介します。

スポンサーリンク

【TOEIC攻略のコツ】TOEIC本番で実力を発揮できない勉強法

①リスニング対策はイヤホンで行う

本番試験のリスニングはスピーカーで行われる

まず一つ目が「リスニング対策を全てイヤホンで行う」です。なぜなら、TOEIC本番試験のリスニングは広い部屋で、1台のスピーカーから音声が流れるから。

そしてこのスピーカーから流れる音声は意外と聞き取りにくいんです。

イヤホンでは、音が鮮明に聞き取ることができますが、本番で急にスピーカーに変わり、全く聞き取れず焦ってしまう人もも少なくありません。

実際、筆者も初めてのTOEIC本番試験ではこの落とし穴にまんまとハマってしまいました。

イヤホンとスピーカーを使い分けよう

特にまだ本番試験を受験したことのない初心者の人の大半は、イヤホンだけでリスニング対策をしているのではないでしょうか?

筆者と同じように本番で焦ってしまわないように、今のうちからスピーカーでのリスニングに慣れておきましょう。

とはいえ、全てのリスニング対策をスピーカーで行うのも難しいですよね。

ですので、イヤホンとスピーカーを効果的に使い分けるのがおすすめです。

外出時はイヤホンを

通勤・通学時間や、休憩時間などの隙間時間を活用して、外でTOEIC学習をする人がほとんどだと思います。

当たり前ですが、人の多い場所や公共の場で大音量で音声を流すと迷惑になります。ですので、外出時はイヤホンで勉強をしましょう。

また、イヤホンをしていても、話し声や雑音が入ってきて聞き取りづらいこともありますので、音質の良いもの、ノイズキャンセリング機能がついたものをお勧めします。

ディクテーションやシャドーイング時にはイヤホンを

ディクテーションやシャドーイングは、イヤホンで行うのがおすすめです。

なぜなら、ディクテーションやシャドーイングは、発音やアクセントを意識しながら声に出すため、より鮮明な音声を聞き取る必要があるからです。

どうしてもスピーカーだと音声の細かい部分が聞き取れず、十分な効果を得られない可能性があります。

なので、ディクテーションやシャドーイングは、イヤホンで行うようにしましょう。

家での演習はスピーカーで

時間のある休日など、家でじっくりTOEICの勉強をする時は極力スピーカーを使い、本番に近い形で勉強しましょう。

特に、模試の演習をする場合はスピーカーで行う習慣をつけておくと本番で焦ることが全くなくなります。

家にスピーカーがないという人は、スマホから直接流しても構いませんが、自分の英語力アップへの投資として、一つスピーカーを購入すると良いでしょう。

②マークシートを使って勉強しない

マークシートの記入は時間がかかる

二つ目が「マークシート」を使って勉強しないということです。

これも実際に筆者がやってしまっていたことなのですが、普段の勉強では電車の中で参考書を読んだり、模試の演習をする際もノートに回答の記号を書いたりと、マークシートを使って勉強していませんでした。

ですが、本番では1問1問丁寧に、マークシートを塗りつぶす必要があります。このマークする作業が思った以上に時間がかかります。

普段であれば、次の問題の先読みをできているのに、本番ではマークに時間がかかってそれができなくなったり、リーディングパートもいつも以上に時間がかかって、焦ってしまったり。

普段からマークシートで勉強する習慣を

このような失敗を避けるためにも、普段からマークシートを使って勉強する習慣をつけておきましょう。

模試の参考書であれば、巻末に数回分のマークシートがついているはずですので、それをコピーして繰り返し使うのがおすすめです。

【TOEIC攻略のコツ】本番で実力を発揮するために正しい勉強法を

いかがでしたか?TOEIC本番試験で実力を発揮できないふたつの勉強法について紹介しました。

せっかく毎日コツコツ勉強を積み重ねてきたのに、ちょっとしたポイントができていなかっただけで、その努力が報われないなんてもったいないですよね。

今回ご紹介したことは全て筆者の経験を踏まえているので、同じ失敗をしないためにもぜひ実践してほしいと思います。

僕のTOEICスコアを755→855まで上げた参考書3冊を紹介させてください【効果的な勉強法も紹介】

TOEIC600点突破にマストな参考書3選!【必要な時間は?勉強法は?まとめて解説!】

TOEICの点数が上がらない人の参考書の使い方!【見直すべきポイントはここ】

【TOEICリーディング対策】時間が足りないと確信したあなたに与えられた2つの選択肢

ディクテーションのやり方と効果をたった5分で解説します【TOEICにも効果あり】

TOEIC模試の効果が3倍上がる「3回チャレンジ法」とは!?【おすすめ参考書3冊も紹介】

【これだけは!】TOEIC超頻出単語10個まとめたので絶対に覚えてください

【2つだけ】TOEIC英単語の正しい覚え方とレベル別おすすめ参考書3選!

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました