TOEICの点数が上がらない人の参考書の使い方!【見直すべきポイントはここ】

スポンサーリンク
TOEIC勉強法

最近、思うように模試のスコアが伸びなくて困ってます。

何がいけないのでしょうか…?

タイガ
タイガ

勉強をコツコツ続けているのに、なかなか結果が見えてこない人は、参考書の使い方がよくないのかもしれません!

この記事では、スコアが伸びない参考書の使い方を解説するので、チェックしてみましょう!

この記事でわかること

スコアが伸びない参考書の使い方

スコアが伸び悩んだときにチェックすべきこと

スポンサーリンク

スコアが伸びない参考書の使い方

タイガ
タイガ

スコアが伸びない人は、どんな参考書の使い方をしてしまっているのでしょうか…?

①復習せずひたすら進む

復習をしてこそ初めて知識として定着します。「どんどん進めないと!」と焦るばかりに復習をおろそかにしていませんか?

スコアが伸びないと悩む人は、復習に力を入れていないことが多くみられます。解説をしっかりと読み、「なぜこの選択肢が正解になるのか」「なぜ他の選択肢は不正解と言えるのか」をじっくりと復習するようにしましょう。

また、ここで大切なのが間違えた問題だけでなく、正解した問題も復習するということです。

時間配分を意識するあまり、カンに頼って解いて正解している問題もあると思います。

ですが、根拠を持って回答できていないと、同じような問題が出た時に、正しい回答をすることができません。ですので、正解した問題も復習を行うことが大切です。

②1周して満足

タイガ
タイガ

1周しただけでは、定着したとは言えないでしょう…


問題集や参考書を1周したから、すぐ次のものへ…

というのは、スコアが伸びない大きな原因になります。先ほども書いたように、復習し、繰り返し解いてこそ意味のある学習となるからです。

参考書1周というのは、できる問題とできない問題とが明確になる「実力の確認」にすぎません。

できない問題をできる問題に変えてこそ参考書を使う価値があります。ですので、今まで参考書を1周して終わってしまっていた人は、じっくりと2~3周繰り返し解いてみましょう。

③時間を意識せずダラダラ解く

タイガ
タイガ

TOEICは時間との戦いです!ダラダラ解くことは意味がありません!

いくら難しい問題に挑戦しても、時間を意識せずに参考書を解いていてはスコアはいつまでたっても伸びないでしょう。

なぜなら、TOEICは2時間という時間の中でいかに速く、効率的に解くことができるかが鍵になるからです。

いくら難しい問題を解けたとしても、回答までに長時間かかってしまっていては、本番の短い時間のなかで同じような問題を正解するのは難しいでしょう。

何も考えずダラダラ参考書を解いていてしまっている人は、今すぐ時間を意識しながら解くことを心がけてください。

スコアが伸びない時に見直すべきポイント

タイガ
タイガ

スコアが伸び悩んでいる人は、こんなところを見直してみると良いでしょう!

復習に力を入れているか

タイガ
タイガ

復習にどれぐらいの時間をかけてますか…?

スコアが伸びないと感じるときは、まず復習のやり方を見直しましょう。

「スコアが伸びない参考書の使い方」でも解説したように、復習は非常に大事です。解説を読んで理解したつもりになっていても、いざもう一度解いてみると意外とまた間違えてしまったりするものです。

「今までも復習はしていたよ!という人も、復習にかける時間をさらに増やし、じっくりと行ってみましょう。

自分のレベルにあった勉強をしているかどうか

TOEICの参考書は、様々なレベルに合わせた参考書が数多く出版されているので、自分の目標やレベルにあったものを選ぶことが重要です。

例えば、600点を目指す人が800点到達レベルの参考書を使って勉強してしまうと、基礎力があまりないままで、明らかにレベルの高い問題に挑むことになり挫折してしまいます。

逆に、満点を目指す人が600点レベルの参考書を買ってしまうと、基礎的な問題や易しい問題ばかりを解くことになり、こちらもまたスコアの向上は期待できません。

今では、多くの参考書に〜点レベルと書いてあったり、検索すればどれほどのレベルかをすぐに確認することができるので、スコアの伸び悩みを感じる人は今使っているものが自分のレベルにあっているのか確認してみましょう。

十分な学習時間を確保できているかどうか

タイガ
タイガ

学習量に勝るものはありません!

自分の日々の学習時間を見直すことも大切です。

TOEICは勉強した分だけスコアにつながります。初心者が600点を目指す場合の必要勉強時間の目安は約300〜350時間と言われており、これは3ヶ月で達成したいとすると1日およそ3時間勉強する計算になります。

また、TOEIC経験者でも100点伸ばすのに約250時間かかると言われています。

あなたの現在の勉強時間はどれくらいでしょうか?また、毎日コツコツと継続できているでしょうか?

スコアを伸ばしたいのであれば、十分な勉強時間を確保することも大切になります。

TOEICに特化した対策をしているかどうか

TOEIC初心者によくみられるのが、中学・高校時代の古い参考書を使って勉強するという人。

はっきり言いますが、これはやめておいた方がいいです。なぜなら、TOEICはビジネスの場面を想定したテストであり、独特の出題傾向があるからです。

文法や単語の知識はついたとしても、TOEICの問題になれることができないため、いつまでたってもスコアアップは期待できません。

TOEICの参考書を使い、TOEICに特化した対策をするようにしましょう。

基礎的な勉強をおろそかにしていないか

タイガ
タイガ

ハイスコアを目指す人でも、基礎は最も大事な部分です!

TOEIC中・上級者がスコアの伸び悩みに悩む原因として、単語や文法など基礎の勉強が少なくなっているということが多く挙げられます。

難問やひっかけ問題を解くテクニックを身につけようとするあまり、基本的な部分でミスを犯してしまい、結果的にスコアが伸びなくなっているのです。

TOEIC初心者も満点を目指す人も、基礎をおろそかにしてしまっては、応用もできません。基礎的な勉強に時間を避けているか、もう一度見直すようにしましょう。

TOEICの点数が上がらないのには原因がある

ここまで、TOEICの点数が上がらない人の参考書の使い方と、TOEICの点数が上がらない時に見直すべき勉強のポイントをまとめました。

TOEICの点数が上がらないのには必ず原因があります。

今一度、勉強のやり方を見直してみましょう。

それでもスコアが上がらない?

タイガ
タイガ

僕のTwitterでは、TOEIC学習に役立つ様々な情報を発信中!
読者様からのお悩み相談も受け付けてます!

タイガ
タイガ

しかも!DMで「ブログ見たよ」と言っていただくだけで
約5000円相当のTOEIC学習メソッドを無料でプレゼントしてます!

ぜひお気軽にフォロー、DMお待ちしております!

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました